ご挨拶・スタッフ紹介

Imotyu


もしもの時に 癒しの気持ちを


ひとの人生の終焉には、たくさんの気持ちがある。悲しい、悔しい、淋しい、怖い、幸せだったひとはいろいろな気持ちになる。どんな気持ちも大切にして、もしもの時に私たちは「癒しの気持ち」をもって対応いたします。
image


芋忠本店は神並家が継承する400年の歴史、住吉大社の門番と
大名行列の人即業を行いながら葬祭業を営んでいました。


image

拡 大 (PDFファイル 84KB)

Adobe ReaderPDFファイル印刷ソフト Adobe Reader をパソコンに
インストールされていない方はこちらよりダウンロードしてください。


芋忠本店

芋忠本店

芋忠大阪 ・ 住吉で最も古くに創業し、昔ながらの古い町並みの中に佇むお店です。「芋忠」は、神並家が伝統継承する屋号です。住吉大社のお膝元で、地域の皆様と共に長い年月を掛け築き上げた信頼と実績を大切にして、24時間体制で真心のサービスを心掛けご葬儀の全てをお世話させていただきます。

有限会社  芋忠本店
代表取締役  神並( 渡井 )  健次郎





スタッフ紹介


私たちが心を込めてお手伝いいたします。


渡井 健次郎
渡井 健次郎
中前 孝一
中前 孝一

飯田 啓次
飯田 啓次
井上 公二
井上 公二

勝木 政彦
勝木 政彦
渡井 弘枝
神並 知香子





当社の歩み


江戸  寛永

  現在の場所にて「芋忠」の屋号にて人足業(人材派遣)を始める。

大正  中期

  神並夘吉が現在の場所にて「芋忠」の屋号で葬祭業を始める。

大正初期の葬送シーン   

昭和  初期

  神並卯之助が跡を継ぐ。(住吉区住吉町84番地:現住所)

  帝塚山の地に分家として「芋忠帝塚山支店」を開業。
  ※「芋忠帝塚山支店」は、現在は「帝塚山芋忠」として独立し、
  新しい組織として活動しており、弊社とは関係が無くなりました。

昭和  中期

  神並弘が跡を継ぐ。(住吉区住吉1-11-1)

  「住吉芋忠本店」の屋号にて、住吉を基盤に各寺院・町会を
  大切に地域密着の葬儀を展開。

平成  12年
(2000年)

  神並多恵子により2000年1月5日「有限会社芋忠本店」と改める。

  本社を大阪市平野区背戸口1-12-7とし、仕事の基盤は今まで通り
  住吉区住吉1-11-1とする。創業以来の信頼を基盤に、より一層の
  サービス向上に努め、インターネットによる情報発信をスタート。
  住吉大社吉祥殿取扱指定店となり、またホテル葬・散骨(海蒔葬)に
  着手する。


Funeral Coordinator



住吉大社周辺地区HOPEゾーン 町屋 ・ 指定建築
芋忠本店
多目的ホール周辺マップ本店地図MAP

式場見学 ・ 事前相談など、どうぞご連絡ください。


芋忠本店
imotyu@imotyu.co.jp

TEL:06−6671−1225      FAX:06−6671−8128

ご質問 ・ ご相談見 積 依 頼資 料 請 求

住吉本店大阪市住吉区住吉1-11-1平野店大阪市平野区背戸口1-12-7

大阪市規格葬儀取扱指定店

芋忠/商標登録  第4562001号

VISA
Master Card
JCB
アメックス
ダイナース
ディスカバー
各種カードをご利用いただけます。


大阪市全域の一般葬儀から家族葬・お葬式のご相談は、大阪市住吉区・大阪市平野区の大阪市規格葬儀取扱指定店の
葬儀社・芋忠が年中無休で受付いたします。お葬式の施行実績15,000件以上  1日1組限定の芋忠家族葬ホール



芋忠本店/住吉本店
お急ぎの方へ
会  社  案  内
ご挨拶・スタッフ紹介
お客様の声
一般葬見積例
家族葬(大阪市内)
家族葬(堺市内)
社      葬
施  行  例
直葬・火葬のお葬式
大阪市規格葬儀
多目的ホール
葬儀式場
芋忠オールドアルバム
地      図
供  花 ・ 供  物
早割電報
安心終活信託
葬儀保険
Webセレモニークレジット
芋忠倶楽部
リビングフューネラル
ホテル葬
海蒔葬
お  料  理
返  礼  品
霊  柩  車
海外搬送
スペースメモリアル
現代仏壇
メモリアルグッズ
法  要
事  前  相  談
芋忠本店パンフレット
ご質問 ・ ご相談
資  料  請  求
見  積  依  頼
忌日・年忌法要<br>計算
マナー ・ しきたり
挨 拶 文 例 集
葬  儀  辞  典
エンディングノート
リ  ン  ク  集

芋忠本店/住吉本店

大阪府大阪市住吉区
住吉1-11-1
0120-73-8215
TEL:06-6671-1225
FAX:06-6671-8128