札幌市の家族葬・葬儀・お葬式・火葬式・福祉葬は、札幌の葬儀社・北海葬祭が承ります。

家族葬のメリット・デメリット

ご満足いただける家族葬を執り行っていただくために、
通常の葬儀・告別式との違いやメリット・デメリットなど、家族葬についてご案内いたします。
家族葬をご検討される際に、どうぞご参照ください。

家族葬とは?

祭壇
家族・親族や故人と親しかった友人などに限定し、少人数でゆっくりとお別れができるお葬式です。
家族葬も一般葬も、お通夜と葬儀・告別式の 2日間で行う葬儀のスタイルは一緒です。

家族葬のメリット

家族と親族や親しい人だけが参列するため、故人の遺志や、家族の希望をかたちにしやすいというメリットがあります。
一般葬の場合、家族は故人を失った悲しみの中で葬儀を取り仕切り、参列者の対応に追われ、故人とゆっくりお別れの時間をとることができなかったことを悔やむ方も少なくありません。

その点、家族葬は、家族、親族、親しかった友人など限られた人たちだけでお別れするので、ゆっくり故人を偲ぶことができます。また、香典返しや食事の手配や、参列者への対応などが少人数のため、葬儀の準備にかかる時間を格段に減らすことができ、精神的、体力的に家族の負担を減らすことができます。

家族葬のデメリット

訃報をお知らせする人が限られてしまいますので、葬儀に参列したかった方が参列できないという問題があります。お葬式が終わってから、亡くなったことを知った人たちが自宅に弔問に訪れ、その対応で気疲れしてしまうことも考えられます。
また、家族葬なので参列は控えてほしいとご案内していても、最後のお別れがしたいという方が参列することがあり、香典返しなどの準備に追われることもあります。

家族の知らないお付き合いの方は、参列できないため、家族の知らない故人の功績や行動を知ることができないというデメリットもあります。

家族葬の費用

家族葬は、一般葬と比べて参列者が少ないため、葬儀費用を抑えられるとお考えの方が多いと思いますが、お香典収入も限られるため、逆に支出が大きくなることもあります。

家族葬を行う際の注意点

家族葬は、訃報をお知らせする方が限定されるため、あらかじめどなたにお知らせするかを決めておくともしもの時に慌てずにすみます。もしもの時のために参列者リストの作成をお勧めします。
葬儀後に、なぜ知らせてくれなかったのかと批判を受けることも予想されますので、慎重にお知らせする範囲を検討した上で、家族葬を行うことをお勧めします。

職場やご近所への連絡は、故人の遺志や遺族の希望で家族葬を行うので、参列はご遠慮いただく旨を伝えることが必要となります。

家族葬にするか一般葬にするか迷われている方も多いかと存じます。
当社では、随時事前相談を受け付けておりますので、なんなりとお問い合わせください。
当社事前相談員が親身になってアドバイスさせていただきます。

札幌市豊平区豊平4条3丁目2-5

TEL:011-824-4444

施設案内供花
施行例アクセス
札幌市手稲区富丘2条5丁目1-30

TEL:011-683-4444

施設案内供花
施行例アクセス
札幌市中央区南6条西2丁目1

TEL:011-511-8844

施設案内供花
施行例アクセス

北海葬祭 本 社
〒064-0926 北海道札幌市中央区南26条西14丁目1-15会社案内
TEL:011-561-3344  FAX:011-561-2667

札幌市の家族葬・葬儀・お葬式・火葬式・福祉葬のご相談は、札幌の葬儀社・北海葬祭が24時間受付しております。

忌日・年忌法要計算 マナー・しきたり 挨拶文例集 葬儀辞典 エンディングノート