初めてのお別れ
愛するペットが亡くなった時には、何をすれば良いか途方に暮れ、とてもお困りになられると思います。
もしもの時に、落ち着いてペットとお別れしていただけるよう注意点をご案内いたします。
安らかに永遠の眠りにつけるように、ご家族の皆様で心を込めて見送ってください。

ご遺体を安置する

なるべく涼しい部屋にタオルや毛布などを敷いて寝かせてあげましょう。
生前使っていたベッドの上でも構いません。
その際、首筋と胸部 ( 心臓付近 ) おなかに保冷剤を当ててあげてください。
ドライアイスをご使用になる場合には、
取り扱いに注意し定期的に部屋の換気をしてください。



ご遺体をきれいにする

毛並みを整え、お鼻と肛門に綿やティッシュで詰め物をしてあげましょう。
亡くなって 2時間ほどで硬直が始まります。
死後硬直が始まる前に、やさしく手足を折りたたんであげてください。



お通夜をする

大好きだったお家で、最後のお別れ会をしてあげましょう。
ご遺体の枕元にお花 ・ お香 ・ 灯りなどをお供えして、
ご家族の皆様でお別れをしてください。



ペットサポートセンターに連絡する

ご自宅または病院へ、愛玩動物専用霊柩車にてご遺体をお迎えにあがらせて
いただきます。
少量の生花 ・ お好きだった食べ物 ・ 木製のおもちゃなどは、
ご遺体と一緒に火葬させていただきます。
ご自宅にて、ご家族皆様で立ち合いをご希望の場合は
移動式の火葬炉を積載した車両にて訪問させていただきます。

お急ぎの方へ

当社愛玩動物専用霊柩車

当社愛玩動物専用霊柩車


供養する

ペットが亡くなった後、多くの方が、「 早く気づいてあげれば良かった! 」
「 あの時、すぐに病院に連れて行っていれば 」 「 もっと遊んであげれば良かった 」
など、様々な後悔の思いを持たれます。
葬儀 ・ 初七日 ・ 四十九日 ・ 初盆 ・ 一周忌 ・ 三回忌と供養を重ねる事によって
気持ちを整理し、安らかな気持ちになる事ができると思います。

海洋散骨メモリアルグッズ

骨袋