江東区門前仲町の葬儀・家族葬は葬儀社・セレモニーみやざき
門前仲町だより
ceremonyM



深川まつり深川まつり


「神輿深川  山車神田  ただっ広いが山王様」
江戸三大祭りのひとつに数えられる深川八幡祭り。
富岡八幡宮の氏子74ヶ町から54基もの神輿が永代通りに集結し、真夏の炎天下の中、8キロの道のりを「わっしょい」の声も勇ましく渡御します。3年に一度やって来る、深川の熱い一日です。


富岡八幡宮富岡八幡宮


富岡八幡宮は寛永4年(1627年)、当時永代島と呼ばれていた現在地に御神託により創建されました。周辺の砂州一帯を埋め立て、社地と氏子の居住地を開き、総じて六万五百八坪の社有地を得たのです。世に「深川の八幡様」と親しまれ、今も昔も変わらぬ信仰を集める「江戸最大の八幡様」です。


富岡八幡宮富岡八幡宮


伊能忠敬像

伊能忠敬像

永代通りから大鳥居をくぐって、すぐ左側にあるのが、江戸時代後期の測量家・伊能忠敬翁の銅像です。50歳を過ぎてから、天文学、測量学を学んだことでも知られていますが、当時深川黒江町(現・門前仲町1丁目)に住み、測量に出かける際には、必ずここ富岡八幡宮を参拝し、無事を祈願したことから、平成13年、測量開始から200年を迎える節目に建立されました。
横綱力士碑・超五十連勝力士碑

横綱力士碑・超五十連勝力士碑

富岡八幡宮は、江戸勧進相撲発祥の地としても有名です。江戸時代、相撲興行は京・大阪から始まりましたが、トラブルが多く、しばしば禁令が出されていました。その後、幕府より春と秋の2場所の勧進相撲が許されたのが、ここ富岡八幡宮の境内でした。本殿右脇を進んだところにある横綱力士碑は、明治33年、第12代横綱陣幕久五郎を発起人に、歴代横綱を顕彰するために建立されました。現在でも新横綱誕生の時は、相撲協会立会いのもとに刻名式が行われています。





深川不動堂は、1703年に「江戸でご本尊を拝みたい」という
江戸町民の切なる希望で開帳されました。その当時、成田から
一週間かけて300人の行列でご本尊を運んだといわれています。


深川不動堂深川不動堂


東京メトロ東西線門前仲町駅1番出口を出て、深川不動堂までの150mほどの
参道には、「人情深川ご利益通り」という縁起の良い愛称がついています。
深川といえば人情、お不動様のご利益で栄えますようにと願いが込められた
このご利益通りには、下町風情のある店が40軒ほど並んでいます。


人情深川ご利益通り人情深川ご利益通り


毎月1日・15日・28日は、成田不動堂・富岡八幡宮の縁日です。
参道や永代通りには露店が数多く並び、にぎわいを見せます。




葬儀・仏事などに関する全てのご相談にお答えします。

もしもの時のパートナー 葬祭セレモニー みやざき


匿名でのご相談も承ります 年中無休 03-3643-5696 相談無料

セレモニーみやざきでは、悔いの残らないお葬式のために、
お電話や対面でのご相談をお勧めしております。
葬儀の内容や費用に関するご相談の場合は、
どのようなお葬式をご希望されているかお知らせください。
その後、具体的なお打ち合わせをさせていただきます。



〒135-0048  東京都江東区門前仲町1-2-8

臨海小学校東隣り>>>地 図

FAX:03−3641−1492

みやざき

駐車場完備


Copyright 1999-2020 Interlink All Rights Reserved.  葬儀ベストネット