JAひだ/松想苑

お葬式 
お急ぎの方へ

葬儀セットホールご案内地図・アクセス供  花 ・ 供  物お悩みの方へ

直葬・家族葬の注意点

最近、直葬・家族葬をご希望される方が増えていますが、
残念ながら後になって『なぜ知らせてくれなかった?』の苦言が挙がってくるなど、様々な問題が起こっていることも事実です。
良い面と悪い面を十分にご理解いただいた上で、葬儀形式のご検討をお勧めいたします。

直葬は、通夜・告別式などの儀式は執り行わず、火葬場にてお身内だけでお別れをしていただき荼毘に付します。

家族葬は、ご家族・ご親族そして故人とごく親しかった方々のみが集まり、故人と最後のお別れをする葬儀の形式です。

直葬も家族葬も、日常的にお付き合いの少なかったご親戚や友人・知人、ご関係の会社・団体などには訃報のご案内をしません。

葬・家族葬の良い面

直葬は、火葬のみでのお別れですので、時間的にも経済的にもご遺族への負担が最も少なくなります。

家族葬は、故人とのお別れの時間を十分にとっていただけます。お身内の方々だけのお集まりのため、一般の参列者への対応や気遣いが必要ありません。

そのため、特に長期間の看病などでお疲れのご家族の場合は、精神的・肉体的なご負担が少なくて済みます。また、参列者の人数が少ない分、供養品や食事の数などが限られるため、葬儀費用の軽減にもつながります。

葬・家族葬の悪い面

直葬・家族葬の悪い面としては、葬儀をお知らせしなかったご親戚からの苦言や、友人・知人の方々がそれぞれでご自宅へお参りに来られるという状況も考えられます。
また、ご遺族が家族葬を予定していたとしても、訃報を知った関係者が大勢お葬式に参列される場合もあります。会場の座席が不足するなど予想外の対応に急遽奔走することとなり、参列者に対して失礼に当たることが起きてしまう可能性もあります。
規模の小さい葬儀であることから費用は少なくなる筈の家族葬ですが、参列者が少ないため香典収入を得られなくなり、葬儀費用の多くを喪主様側で負担することになります。そのため、かえって負担がかかる場合もあります。

寺様とのトラブル

菩提寺があるにもかかわらず、お寺様にご相談せずに葬儀を進めた場合トラブルになる場合があります。
お寺様とのお付き合いがあるご喪家は、くれぐれもご注意ください。

故人のご遺志を尊重しながらも直葬・家族葬の良い面・悪い面をよくご検討されました上で、
どのようなお葬式を執り行うか慎重にお決めください。  事前相談