社葬取扱規定


社葬は役員会により執り行うかの決定をしますが
予め社葬費用の負担についての規定を設ける事をご提案申し上げます。




株式会社 ○○○○○    社葬取扱規定

目的

第1条
当社に多大な功績を残して役員または元役員および社員が死亡したとき会社は社葬を執り行う事とし、以下の規定を制定する。

決定

第2条
社葬の実施にあたっては取締役会がこれを決定する。但し該当する故人の遺族より社葬を辞退する旨の申し出があった時はこれを執り行わない。

名称

第3条
前条により執行される葬儀を「株式会社  ○○○○○  社葬」と称する。

執行基準

第4条
社葬の執行が決定した時は、次の基準によりこれを執行する。但し状況により取締役会はこの基準を変更する事ができる。
  1. 会長又は社長が在職中に死亡したとき
  2. 副社長、専務、常務が在職中に死亡したとき
  3. 前号以外の役員又は元役員が死亡したとき
  4. 会社に多大な功績を残した社員で、取締役会で認めた者が職務中に死亡したとき

費用範囲

第5条
前条の社葬費用の範囲を次のとおりとする。但し費用の金額について本規定では定めず取締役会でその適否を定める。

葬儀委員長及び葬儀委員

第6条
葬儀委員長は特別の場合を除き社長又は会長とし、取締役及びそれに準ずる者は葬儀委員を担当する。

葬儀実行委員長及び葬儀実行委員

第7条
社葬の執行指揮は葬儀実行委員長がこれにあたる。

葬儀実行委員長の責務

第8条
社葬に関する一切の業務を統括する。

香典等の収入先

第9条
社葬の際、会葬者が持参した香典はいかなる場合も会社の収入としないで遺族の収入とする。

実施

第10条
本規定は平成○年○月○日より実施する。