落合 敏 さん

栄養学博士 落合 敏 教授
一級葬祭ディレクター 野口昌子が聞く 著名人人生のしまい方




落合 敏 さん


落合敏さまとお会いしたのは、先生のホームページ作成の為の撮影が終わられた夜8時過ぎ夜の弱い私は、テンション低めで不安でしたが、お会いしたとたん、ハツラツとした敏さんに圧倒され引き込まれていきました。
茨城キリスト教大学  生活科学部  食物健康科学科  栄養学博士  教授として大学で教鞭を振るう傍ら、「食べて健康になる事典」「食事療法シリーズ」「栄養治療学」「たべるカルシウムバイブル」など著書も数十冊にも及びます。又、日本テレビ  みのもんたさんの「おもいっきりテレビ」レギュラー出演他テレビ出演多数、視聴者に分かりやすい語り口で、好評をえています。特に毎週日曜日の読売新聞「有名人の介護体験」のコーナーにシリーズで掲載されている先生の”介護は楽しく子育ての様に”はとても反響を呼んでいます。
とかく介護というのは、暗いイメージで義務感を持っている方が多い中で、敏先生は「自分が親にされた子育てを思い出して、今度は親の介護をすればいい、目標を持てば楽しく介護ができるはずですよ」具体的な目標として、床ずれ(ジョクソウ)にしない・尿路感染症にしない・便秘にさせない等これは、外的な介護は勿論ですが、特に食事に重点をおいた栄養が影響するという事です。水分も必ず1日2000ccとる・内1000ccは食事からとることが大事で、手抜きをすると必ずしっぺ返しが来るんだそうです。
敏先生は4年間お母様をご自宅で介護されたそうです。親の面倒を見るのは当たり前で、親は子供に面倒をかけるのは当たり前とおもっていればいいんです。
家庭では家族揃っての食事を週何回かして、手作りの料理をたべて、楽しい話題で会話しながら・・というのが、親と子のきずなを築き、子供は親にしてもらったことを介護により親に返すと言う仕組みが出来るのです。94歳で去年亡くなられたお母様は「大願成就」のダルマが宝物で、自分の柩に入れてもらうことがご希望で、もちろん柩の中にダルマをいれ、そのほか愛用の巾着と着物をかけられたそうです。最後までご自宅で娘の手厚い介護を受け旅立たれたお母様は御幸せだったことでしょう。
敏先生にご自分の人生のしまい方についてお伺いすると、実感がわかない(勿論です)そうです。”父の時は、自宅で葬式をしたので、とても大変でした。いらしていただく方、周りの方に迷惑のかからない、便利な場所で行なうのがいいですね。ありきたりの葬式ではなく自分にふさわしい式で、本当にお別れがしたい人にきていただきたい。ホテルでお別れ会みたいなのもいいと思います。お坊さんのお経でなく無宗教みたいな、そして濃密で実質的な心に残る葬儀がいいですね”今まで特に心に残った式は、義理の叔父様の葬式で、お経の代わりに、日頃からのご趣味だった観世流のお仲間が式中ずっと観世流のお唄をされていて、とても感動的だったそうです。又、みのもんたさんのお父様が亡くなられた時は、池上本願寺で葬式をされたそうですが、一歩式場に入った途端、白一色の菊で飾られた祭壇と供花のなかで、何人かの僧侶の読経が響きわたり香の煙と香りがだだよい、悲しみが癒されていく様がとても荘厳で感動されたそうです。
敏先生の話は、とても解かりやすく話しに引き込まれてしまいました。大学で落合教授の講座が大人気なのも納得できました。私より一回り年上でいらっしゃるにもかかわらず、その凛とした聡明さはとても素敵で、私もいつか少しでもそんな敏さんに近づければいいなと言う想いをもちました。



NHP OCHIAI OFFICE  ホームページ  http://www.nhp-ochiai.jp/


落合  敏さん  プロフィール



茨城キリスト教大学教授・栄養学博士
栃木県出身。
相模女子短期大学部卒業。
ノーベル大学院研究員修了。
1996年栄養学博士学位取得。
千葉衛生短期大学教授、千葉大学講師
植草学園短期大学教授を経て現職。

日本栄養改善学会、日本栄養・食糧栄養学会、
茨城県郷土文化顕彰会に属し、肥満・栄養障害研究会世話人を務める。

日本テレビ「おもいっきりテレビ」
TBSテレビ「はなまるマーケット」
テレビ東京「レディス4」他、数々のテレビ番組にも出演。

「食べるカルシウムバイブル」
「食べ方ひとつで野菜はからだの毒をとる」
「介護は楽しく子育てのように」
「食べて健康になる事典」
など著書も多数。




このウィンドウを閉じる